ヘアブラシ図鑑

白髪染めセルフカラー失敗しない方法

 
白髪染めヘアカラーを自宅で染めるセルフカラーが初めてで不安な人にオススメなのが誰でも簡単に、徐々に髪が色ずくヘアカラートリートメントです。
 
 
 

ヘアカラートリートメントって何?

 
近年、市販の カラートリートメントは改良されて急激に進化していて、染まり具合も格段にアップしています。また頭皮をいたわりつつ、髪にハリやコシも出るので カラートリートメントを選ぶ人が急増中。
 
 
 
ヘアブラシ図鑑

おすすめヘアカラートリートメント"50の恵"

 
市販の白髪セルフカラーで有名なヘアカラートリートメントは「50の恵」です。 

※セルフカラーの流行で全国的に品薄状態が続いてます。

50の恵は驚くほどの即効性

 
50の恵はシャンプー前の乾いた髪に使うヘアトリートメントです。
1度でシッカリ白髪が染まる即効性のある50の恵は、 放置時間10分〜20分程度で染まります。人によっては5分で染まるという優れもの。あとはシャンプーをしてしっかりすすぐ所まで忘れずに。
 
ヘアブラシ図鑑
 
 
 

白髪染め「50の恵」はリピーターが多い

 
白髪染め50の恵は1度でシッカリ染まる事を体感されているリピーターさんが多く、性別も年齢層も関係なく愛用されています。
 
感想や口コミを見る
 
 

セルフカラーではハケを使うのがオススメ!

 
簡単なのは手で揉み込む事ですが、美容室で美容師さんが使ってるハケを使うとさらにキレイに染まります。
 
ヘアブラシ図鑑

 
 

セルフカラーでハケを使う理由

 
人間の髪の太さは約0.075mmなので極細毛のハケを使えば分け目の根元や、毛と毛の隙間までキレイに染まるのが理由です。
 
 

セルフカラーおすすめのハケ

 
 
SANBI「K-70」詳細はコチラ
 
 
ヘアブラシ図鑑

美容室ではハケを使っているのをヒントにハケを使い始めました。最初はナイロン毛のK-60を使っていましたが、極細毛K-70に出会ってからはこれが手放せないぐらいお気に入りです。SANBI_K-70に変えてからはキレイに染めれる事だけでなく、かなり柔らかい極細毛は頭皮に当ててもチクチクする不快感がなくなりました。
感想や口コミを見る
 
 

セルフカラー失敗しないポイント
 
色選び
少し暗めのカラー剤がオススメ。
 
顔周りはテクニック1
毛を持ち上げて根元から塗っていく。

 
顔周りテクニック2
初心者には顔まわりはハケでは塗りにくい場合があるので、裏ワザとしてマスカラのハケを使うのもアリ。

 
仕上げに…
塗った部分をティッシュで覆いかぶすと、しっかりと染まる。

HOME | ヘアカラー | セルフカラー1

ヘアブラシ図鑑

ヘアブラシ図鑑

ヘアブラシコレクター
hairbrush collector

ヘアブラシ図鑑は、ヘアブラシの選び方や薄毛・白髪などの髪の悩みに関する知って得する知識や情報をアウトプットしているWEBサイトです。
また、Instagramではたくさんのヘアブラシを紹介しているのでフォローもお願いします。